ストーリーネタ

伝説のポケモンと勘違いされるポケモン 7選

ストーリーネタ
スポンサーリンク

こんにちは、しゅんくり~む(すんく)です。

今回はポケモンネタの記事になります!

 

はじめに

特別なポケモンを装う一般ポケモン

合計で800種ほどいるポケモンですが、大きく「一般ポケモン」「特別なポケモン」の二種類に分けることができます。

「特別なポケモン」とは、グラードンやザシアンなどのパッケージになるような伝説のポケモンや、ミュウやセレビィなどの映画などで配布されることの多い幻のポケモン、サンダーやスイクンなどのパッケージにならないもののソフトごとに限られた条件でしか登場しない準伝説ポケモンが含まれます。「一般ポケモン」とはそれ以外の大多数のポケモンで、多くの場合預け屋などでタマゴを見つけられるポケモンが該当します。

さて、ここまで「一般ポケモン」と「特別なポケモン」の線引きについて話してみたのですが、ポケモンにあまり詳しくない人にとってはその2種類の線引きがかなり曖昧なのが事実です。800種という大量のポケモンを全て把握することは難しいですもんね。

しかし、ライトユーザーの認識が曖昧なのを良いことに、その曖昧さに付け込み「一般ポケモン」であるにも関わらずあたかも「特別なポケモン」のように振る舞っているポケモンがこの世界には数多く存在するのです! ライトユーザーを騙して自身がレアポケモンであるように振る舞うその姿はまさに極悪非道、到底許されるはずがありません。

ということで今回は、あたかも特別なポケモンのように振る舞っている極悪非道な「一般ポケモン」を7匹紹介していこうと思います!

 

波導の勇者「ルカリオ」

伝説と勘違いしがちなルカリオ

ダイヤモンド・パールで初登場したポケモン「ルカリオ」です。

特別ポイント➀映画『ミュウと波導の勇者ルカリオ』の主役

ルカリオが特別なポケモンっぽく見える最大の要因としては、映画で主役として活躍していたという点が挙げられるでしょう。『ミュウと波導の勇者ルカリオ』以前の映画では伝説のポケモンが主役を務めることがほとんどだったのですが、この映画で主役を務めたのはなんと、一般ポケモンのルカリオだったのです! 映画公開当初にダイヤモンド・パールが発売されていなかったことも重なり、通常では入手できない特別なポケモンだと勘違させられたという方も多くいたことでしょう。

特別ポイント➁シンオウ地方ではゲンからもらうことで入手できる

2つ目のポイントは初登場ソフトでのルカリオの入手方法です。多くの一般ポケモンは草むらや洞窟で入手できるのですが、ルカリオの入手方法は鋼鉄島でゲンというトレーナーから貰うリオルのタマゴを孵してルカリオに進化させるというかなり限定的な方法になっています。もちろんルカリオを育て屋に預ければタマゴを見つけることができるのですが、他のポケモンに比べて特殊な入手方法であることは変わりありません。

特別ポイント➂初めてメガシンカするポケモン

3つ目のポイントはXYのストーリーについてです。XYから新たに追加された要素であるメガシンカですが、そのメガシンカを伝授する神聖な場面で主人公は、初めてメガシンカするポケモンとしてルカリオを仲間に加えることになるのです特別なポケモンっぽいポイントというよりは優遇ポイントのような気もしますが、これらを始めとした公式の猛プッシュこそが、ルカリオが他のポケモンと一線を画しているような雰囲気を醸し出すことになった最大の要因なのです…

 

幻影の覇者「ゾロアーク」

伝説のポケモンと勘違いされがちなゾロアーク

ブラック・ホワイトで初登場したポケモン「ゾロアーク」です。

特別ポイント➀映画『幻影の覇者ゾロアーク』の主役

こちらもルカリオと同じく、本編であるブラック・ホワイトが発売される前に映画の主役として活躍した一般ポケモンです。一部では、『ミュウと波導の勇者ルカリオ』の先例を元に、二匹目のドジョウを狙ってゾロアークを人気ポケモンに仕立て上げたかった公式の思惑があったのではないかと囁かれています…

特別ポイント➁ブラック・ホワイトでの入手イベント

本編でのゾロアークの入手方法はルカリオよりもさらに特殊で、なんと通常プレイのみでは入手することができません。映画の前売り券特典で入手することができるライコウ・スイクン・エンテイを手持ちに入れた状態で特定の場所を訪れ、そこで特殊な入手イベントを発生させることでやっとゲットすることができます。以降の作品で普通に草むらで出てくるようになるとは思えない、異例の好待遇ですね…

特別ポイント➂専用特性「イリュージョン」

ゾロアとゾロアークの専用特性である「イリュージョン」もまた、ゾロアークを特別なポケモンっぽく見せているポイントの一つでしょう。その効果は「手持ちの最後尾のポケモンに化ける」というなんとも不思議な効果で、こちらも他のポケモンとは一線を画すゾロアークの大きなアイデンティティとなっています。

 

太陽の化身「ウルガモス」

伝説と勘違いされがちなウルガモス

こちらもブラック・ホワイトで初登場したポケモン「ウルガモス」です。

特別ポイント➀古代の城で固定シンボルとして登場

ブラック・ホワイトでは、エンディング後に古代の城に行くことで、最奥部に鎮座しているウルガモスと戦うことができます。古代文明の城跡を思わせるような風貌の「古代の城」は、恐らくウルガモスを祀るためのダンジョンであり、道の真ん中で存在感を放っているだけのテラキオンよりも遥かに良い待遇を受けているのです。しかし、ここまで伝説のポケモンっぽさを醸し出しておきながらその正体は「一般ポケモン」であり、育て屋でタマゴを見つけることも可能なのです。

特別ポイント➁ウルガモスの図鑑説明

ウルガモスはポケモン図鑑で、「太陽の化身とされる」といった記述や「火山灰で地上が真っ暗になった時、ウルガモスの炎が太陽の代わりになったという。」といった伝承があり、昔から太陽にまつわる特別なポケモンとされていたようです。ここまで言うならもう準伝説のポケモンにしてあげればいいのに…

 

準伝崩れ「ロトム」

伝説と間違われがちなロトム

ダイヤモンド・パールで初登場したポケモン「ロトム」です。今やロトム図鑑やロトムスマホなど様々な所に駆り出され馴染み深いポケモンになりましたが、登場当初はかなり謎が多い不気味で特別なポケモンといった印象がありました。

特別ポイント➀森の洋館での入手方法

初登場したダイヤモンド・パールでは、ゲーム内時間の深夜に森の洋館のテレビを調べることで、テレビから飛び出してきたロトムと戦闘をすることができます。トラウマスポットとして様々な都市伝説が語られる森の洋館で、しかも深夜限定で出現するポケモンということもあり、登場当初はかなり謎に包まれたポケモンとされていました。さらにロトムとの戦闘で流れるBGMは実は「戦闘!伝説のポケモン」という曲で、これはヒードラン戦やクレセリア戦と同じBGMなのです! ここまでして何故ロトムは一般ポケモンなんでしょうね。

特別ポイント➁電化製品に潜り込むことができる

ダイヤモンド・パールから電化製品に潜り込むとされていたロトムでしたが、次回作のプラチナでは、不思議な贈り物で受け取ることができる「ひみつのカギ」を使いギンガハクタイビルの地下に行くことで電化製品に潜り込んだ姿にフォルムチェンジすることができるようになりました。これだけを聞くとメロエッタやケルディオなどの幻のポケモンに近い位置づけがあるようにも感じますが、世代が進むにつれてフォルムチェンジの方法も簡単になり、最終的に便利道具として利用されるにまで至りました…

 

御霊の塔「ミカルゲ」

伝説と間違われがちなミカルゲ

こちらもダイヤモンド・パールで初登場したポケモン「ミカルゲ」です。
フェアリータイプが登場するまでは弱点が無いポケモンの一匹として有名なポケモンでしたが、弱点の少なさ以外にも特別なポケモンっぽいポイントを多く持つポケモンなのです。

特別ポイント➀ダイヤモンド・パールでの入手方法

初登場したダイヤモンド・パールでは、「108個の魂が集まって生まれたポケモン、500年前に悪さをしたため要石のひび割れに繋ぎとめられている」とされており、条件を満たした後に209番道路にある割れた塔に要石をはめ込んで「御霊の塔」にすることでミカルゲと戦うことができます。さらにその条件というのも「地下通路で32人に話しかける」という難易度の高いものであり、ここまでして手に入れたポケモンが少しレアなだけの一般ポケモンというのは悪趣味も良いところです。

また少し話は逸れますが、ミカルゲには北海道の開拓で酷使され亡くなっていった人々の浮かばれない魂がモチーフになっているのではないかという不気味な都市伝説もあります。そういう悲しいメッセージを含んでいる点もまた、ミカルゲの異様さを引き立てている一因なのかもしれませんね。

特別ポイント➁オメガルビー・アルファサファイアでの入手方法

ロトムなど初登場世代では特別扱いされていたポケモンでも、世代が進むにつれて入手方法が簡単になっていく場合が多いのですが、ミカルゲの場合は登場から10年以上が経った今でも入手方法が特殊なままです。オメガルビー・アルファサファイアでは、108番道路シーキンセツの特定の客室に行き、条件を満たした後にメニューを開き画面を再表示すると背後からミカルゲが出現するという一般ポケモンとは思えない不気味かつ特殊な方法で出現します。安売りされずに特別さを維持しているという稀有な事例ですね。

 

災厄の地上絵「ストリンダー」

バウタウンの灯台を守った英雄

ソード・シールドで初登場したポケモン「ストリンダー」です。

特別ポイント➀5番道路で唐突に貰えるエレズン

ストリンダーの進化前であるエレズンは、多くの場合、5番道路の預け屋でNPCから貰うことで初めて出会うことになります。ストーリー中で唐突にエレズンを受け取ってしまい、厳選が必要だったのではと焦った方も多いのではないでしょうか? さらに、その場でエレズンを預け屋に預けても、エレズンはタマゴを見つけられない「タマゴ未発見グループ」であり、タイプ・ヌルのような特別なポケモンなのではという疑いが増々強くなってしまいます。しかし実は、進化後のストリンダーは普通に預け屋でタマゴを見つけることができ、さらにエレズン自体も珍しいポケモンではなく、ワイルドエリアなどで普通に出現します。思わせぶりも良い所ですよね…

特別ポイント➁灯台を守ったと伝えられるポケモン

バウタウンの灯台の下に行くと、ストリンダーを象った石像を見つけることができます。その像を調べると「灯台を守ったとされるポケモンの石像がある」とされており、この街でストリンダーが英雄視されていることが伺えますね。何から灯台を守ったのかは未だ明らかにされていないのですが、どちらにしろストリンダーが他のポケモンとは違う特別なポケモンなのではないかと思わせるには十分な要素ですね。

特別ポイント➂ターフタウンの巨大な地上絵

ターフタウンの地上絵

ターフタウンにある謎の巨大な地上絵ですが、その地上絵はョダイマックスした姿のストリンダーを描いたものなのではないかという説があります。確かに尻尾の形状や雷を放っているような描写からキョダイストリンダーのように見えますね。ターフタウンの地上絵は3000年前のブラックナイトを元に書かれたとされているため、ストリンダーは伝説のポケモンが多く関わるガラル地方の伝承に関与しているということになります。もしかしたら、ストリンダーは伝説のポケモンでないにしろガラル地方で何かしら特別な意味を持つポケモンなのかもしれませんね。

 

禍の預言者「アブソル」

伝説と勘違いされがちなアブソル

ルビー・サファイアで初登場したポケモン「アブソル」です。

特別ポイント➀アニメOPでの伝説っぽい振る舞い

アブソルが伝説のポケモンと誤認される要因としては、アニメポケットモンスター-アドバンスジェネレーションでのオープニングムービーが大きいように思えます。上空を飛び回るラティアス・ラティオス、それを見上げるサトシ、そしてラティアス・ラティオスが飛び回る下では、なんとアブソルが神々しく佇んでいるではありませんか! これを伝説のポケモンと言わずして何と言うのでしょうか…

特別ポイント➁アブソルの図鑑説明文

ポケモン図鑑でアブソルは、「災いを感知する力があり、アブソルが人前に現れると災害が起こると人々に恐れられたため山奥に姿を消した」とされています。伝説のポケモンと言うと流石に無理がありますが、何かしら昔からの言い伝えがあるポケモンは、どうしても少し特別なポケモンのように思えてしまいますよね。

特別ポイント➂見た目

この他にも数々のちょっと特別っぽい待遇を受けるアブソルですが、このポケモンを現在の地位を確立した最大の要因はやはり見た目にあるように思えます。この不思議で格好良い見た目があったからこそアニメのOPで伝説のような扱いを受け、外伝などの様々な場面でキーポケモンとして活躍し、公式からもファンからも愛されるポケモンになったのではないでしょうか? やはり伝説のポケモンっぽく扱われるために一番大切なのは、伝説のポケモンっぽい見た目なんですね!

 

 

まとめ

今回は「伝説のポケモンと勘違いされがちな一般ポケモン」を紹介してきました。

全体的に人気ポケモンが多い気もしますし、公式のプッシュ(特別扱い)とプレイヤーの勘違い(人気・噂)が揃って初めて「伝説のポケモンと勘違いされがちな一般ポケモン」が生まれるのかもしれませんね。

ということで今回は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました