努力値調整

適切な16n-1調整【ランクバトルのHP調整解説】

適切な16n-1調整 努力値調整
スポンサーリンク

適切な16n-1調整

こんにちは、しゅんくり~むです。

今回はランクバトルの適切なHP調整について解説していきます。

 

HP調整とは?

HP調整とは、ポケモンのHPに努力値を振りながらHP実数値を特定の値にする調整のことです。HP実数値を特定の値にすることで定数ダメージを減らしたり、特定の定数攻撃を耐えたりする目的があります。

HP以外の努力値調整については別の記事で紹介しているので、努力値調整や実数値について詳しく知りたい方はそちらを参照してください。

努力値調整・耐久調整の効率的なやり方【剣盾ランクバトル】
ランクバトルで必要になる、耐久調整・努力値調整のやり方について簡単に解説します。

今回はそのHP調整のうち、「16n-1調整」に注目して解説していきます。

 

16n-1調整

「16n-1調整」とは文字通りHP実数値を16の倍数-1にする調整です。実際の対戦では、175, 191, 207などの実数値がよく見られます。

この16n-1調整は、砂嵐やあられ・火傷などの定数ダメージを減らすために行われています。

定数ダメージというのは、「最大HPの?分の1のダメージを与える」といった類の効果で、例を挙げると以下のようなダメージが定数ダメージになります。

効果
すなあらし いわ・じめん・はがねタイプ以外は
毎ターン最大HPの1/16のダメージ
あられ こおりタイプ以外は
毎ターン最大HPの1/16のダメージ
やけど 毎ターン最大HPの1/16のダメージ
どく 毎ターン最大HPの1/8のダメージ
もうどく nターン目に最大HPのn/16のダメージ
宿り木のタネ 毎ターン最大HPの1/8のダメージ
ステルスロック 繰り出し時に最大HPの1/8のダメージ
岩タイプの相性に準じて倍率が変わる

上記の効果に見られる「最大HPの1/?のダメージ」という計算は少数点以下切り捨てで行われているため、HP実数値を16nから16n-1に減らすことで、定数ダメージが繰り上がるのを防ぐことができるのです。

例を挙げて見てみましょう。

HP実数値が192 (16n) のトゲキッスと191 (16n-1) のトゲキッスがいたとします。

HP努力値 HP実数値
トゲキッス191トゲキッス 244 191
トゲキッス192トゲキッス 252 192

この2匹のポケモンへの砂嵐のダメージを計算してみます。

192 ÷ 16 = 12.0000
191 ÷ 16 = 11.9375

このように、HPが1違うだけで毎ターン受ける定数ダメージも1変わってしまいました。砂嵐や火傷など定数ダメージは何ターンも連続して食らうため、この1の差はターンと共に積み重なり、だんだんと大きくなってしまいます。

砂嵐Dm 0ターン 1ターン 2ターン
191トゲキッス 11 191 180 169
192トゲキッス 12 192 180 168

3ターン後にはなんと、元々のHPが高い192トゲキッスよりも、HPが低かった191トゲキッスの方がHP残量が多くなってしまいました

このように16n-1調整とは、定数ダメージを減らすことでHPを高く保つことができる効率の良い調整なのです。

 

16n-1調整の使いどころ

16n-1調整は効率が良い調整なのですが、全てのポケモンに16n-1調整を施さなければならないわけではありません。

16n-1調整は以下のいずれかの方法で行う必要があります。

16n-1調整のポイント・HP実数値を減らすことで16n-1にする
・HP実数値を増やし過ぎないことで16n-1にする

16n-1調整はHPが16nを下回っていることが重要な調整です。そのため、例えば16n-5からHPを無暗に増やして16n-1にするような調整は不適切な調整だと言えるでしょう。間違った調整をしてしまうと、効率が良いどころか努力値を無駄にしてしまうこともあるので注意が必要です。

ということで、ここからは適切な16n-1調整について少し例を挙げながら解説していこうと思います。

 

間違った16n-1調整

ASベースのドラパルトを使って間違った調整例について見ていきます。

ドラパルト HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
実数値 163 172 96 120 95 213
努力値 252 4 252

ドラパルトはHPに努力値を振らない場合、HP実数値は163(16n-13)となっており、16n-1からは程遠い数値になります。このポケモンのHPを16n-1にしようとすると、攻撃や素早さを削ってHPに努力値を回す必要があります。

ドラパルト HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
実数値 175 161 95 120 95 213
努力値 92 164 252

攻撃を削ってHPに努力値92を振ることで、HP実数値を16n-1に調整することができました。しかし、実はこれは適切な16n-1調整ではありません

2つの調整の砂ダメージを比較してみましょう。

163 ÷ 16 = 10.1875
175 ÷ 16 = 10.9375

このように、16n-1調整の有無に関わず毎ターン受ける定数ダメージに変化はありません

そのため先述したトゲキッスの例とは違い、定数ダメージが何ターン積み重なったとしても2つの調整のHP差は12のままなのです。

砂嵐Dm 0ターン 1ターン 2ターン
163ドラパルト 10 163 153 143
175ドラパルト 10 175 165 155

つまり今回の調整によって得られた結果は、HPが12増えた分少し耐久値が上がっただけということになります。

もちろん、HPが12増えることで、何らかの攻撃を耐えるようになったのなら有用な調整と言えますが、今回の調整は耐えたい攻撃の目安も立てずにただ悪戯にHPを増やしただけにすぎません。

実際、ミミッキュのじゃれつくを受ける場合について見てみても、56.2%の乱数一発から25%の乱数一発と少し乱数がズレただけで、あまり確実性のある良い耐え調整であるとは言えないでしょう。

さらに、HPに努力値を回した結果ドラパルトの攻撃力は下がってしまい、倒せる範囲が狭くなってしまいました。これでは高速アタッカーとしての役割に支障が出てしまいます。

ということで今回のドラパルトの調整は、多くの場合において「間違った調整」であると言えるでしょう。

 

なぜ「間違った調整」なのか?

では、なぜ同じHPを16n-1にする作業でもトゲキッスの場合と違い「間違った調整」になってしまったのでしょうか?

それは、今回はHPを増やすことで16n-1に調整を行っており定数ダメージに変化がないためです。

前述の計算式からもわかる通り、

163(16n-13)→ 175(16n-1)

のようにHPを増やして調整したとしても、砂嵐などの定数ダメージに変化はありません。

対してトゲキッスの場合は、

192(16n)→ 191(16n-1)

のようにHPを減らして調整したことで、対数ダメージを減らすことに成功しています。

初めに紹介したとおり、16n-1調整はHPを下げるようにするか、HPを上げ過ぎないようにして16nを下回るようにする必要があります。しかし今回の場合は、もともと16nを下回っているにも関わらず無暗にHPを上げてしまったがために良くない調整になってしまったのです。

 

適切な16n-1調整の例

次は、ドラパルトを使って適切な16n-1調整の例について見て行きたいと思います。

先ほど「適切な16n-1調整はHPが16nを下回るように調整する」と言いましたが、16nを下回るようにHPを下げるためには、元々HPが16nを上回るくらい高くなっている必要があります

つまり16n-1調整を行う時は、何らかの耐えたい攻撃があり、それを耐えるために元々HPに努力値が振られている必要があるのです。

ということで、ドラパルトに臆病トゲキッスのマジカルシャイン耐え調整を施す場合を例に挙げて見て行こうと思います。

トゲキッスのマジカルシャインを最高乱数以外耐えるまでHPに努力値を振ったドラパルトは、以下のようになります。

ドラパルト HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
実数値 193 164 95 120 95 162
努力値 236

しかしこれではHP実数値が16n+1になっており16nを上回ってしまっているため、HPを2下げて16n-1に調整し、余った努力値を特防に回してみます。

ドラパルト HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
実数値 191 164 95 120 97 162
努力値 220 12

すると、トゲキッスのマジカルシャインを最高乱数以外耐えする耐久を維持しつつ、HP実数値を16n-1にすることで定数ダメージを減らすことができました。

 

まとめ

これを踏まえて、「適切な16n-1調整の条件」についてまとめると、以下のようになります。

①耐久を上げて何かの攻撃を耐えたい時に
②HPが16nを下回るように減らして
③その分の努力値を防御や特防に回すことで
④目標の耐久値を維持したまま
⑤定数ダメージを減らす

④の「目標の耐久値」とは、先ほどの例だとトゲキッスのマジカルシャイン最高乱数以外耐えに当たります。

特に、①を無視してむやみやたらにHPを上げて16n-1調整をしてしまう人をよく見かけるので、しっかり条件を確認して適切な16n-1調整を行うようにしましょう。

 

その他のHP調整

今回は16n-1調整を中心に解説してきましたが、その他にもHP実数値を何かの倍数を基準として調節するHP調整が多くあります。

それらの調整に関する詳細な解説は以下の記事で紹介しているので、良ければそちらを参考にしてください。

実数値調整についてまとめ
16n-1調整などのHP調整や、H=B+D調整、H=B・H=D調整、11n調整など、ポケモンの努力値調整・実数値調整について簡単にまとめて解説してみました。

今回はその内のいくつかの例を紹介したいと思います。16n-1調整と同じく使いどころが限られている調整も多いので、適切な調整なのかをしっかり見極めてから使うようにしましょう。

 

2n-1調整(奇数調整)

リザードン

HPを奇数にする調整です。

あまり耐久に努力値を割かないやCSのポケモンでも、残った努力値4をHPに振るかどうかを選択することで行うことができます。

この調整には色々な利点があるのですが、一番の利点は弱点技を耐えやすくなることでしょうか。ダメージ計算の仕様上、弱点技のダメージは基本的に偶数になるので、HP実数値を奇数にしておくとHPを1残して耐える確率が上がります。

また、岩が4倍弱点のポケモンへのステルスロックのダメージや、飛び膝蹴りを外した時のダメージ、呪いの反動ダメージなど最大HPの1/2のダメージを受ける定数ダメージを2回食らってもHPが1残るという利点もあります。

 

8n-1調整

ナットレイ

HPを8の倍数-1にする調整です。

16n-1調整は8n-1調整も兼ねているのですが、ここでは16n-9(8n-1だが16n-1ではない)調整について解説していきます。

最大HPの1/16のダメージを受ける砂嵐や火傷などに対しては効力が薄いのですが、毒ダメージや宿り木のタネのダメージなど、最大HPの1/8のダメージを受ける定数ダメージに対して効率が良い調整になっています。

16n-1調整よりも効率が劣るのですが、16n-1までHPを上げるための努力値が足りない場合などは8n-1で妥協すると良いでしょう。

 

10n-1調整

ミミッキュ

HPを10の倍数-1にする調整です。

命の珠を持ったポケモンに使われます

命の珠を持ったポケモンは攻撃するたびに最大HPの1/10の定数ダメージを受けるので、HPを10n-1にしておくとHPあたりの命の珠ダメージが小さくなります。

しかし、この調整も16n-1調整と同様にむやみやたらに施して良い調整ではありません。命の珠を持たせたポケモンに耐久調整を施したい時に、HPを減らして使用しましょう。

 

16n+1調整

カビゴン

HPを16の倍数+1にする調整です。

16n-1調整とは反対に、定数ダメージが大きくなる調整になっています。

定数ダメージは大きくなってしまうのですが、その代わりに食べ残し等の回復量も大きくなります。食べ残しや黒いヘドロなど、毎ターン最大HPの1/16を回復する効果があるアイテムを持ったポケモンに施すようにしましょう。

この調整に関する注意点なのですが、この調整は16nを上回っていることが重要な調整なので、16n-1調整とは逆に16nを上回るようにHPを増やして行うのが適切になります。無暗にHPを減らして16n+1にしてしまわないように注意しましょう。

 

総括

紹介した以外にも様々なHP調整がありますが、今回はあくまでも「適切なHP調整の紹介」ということで、その他の調整の紹介はここまでにしたいと思います。

HP調整は効率的な調整ではありますが、絶対に施さなければならないような調整ではありません。余裕があれば施せば良い程度に考えておけば良いでしょう。理解が不十分なまま無暗に施したり、努力値を無駄に使ってしまったりすることがないように注意してください。

以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました