コラム 初心者向け情報

適切な16n-1調整【ランクバトルのHP調整解説】

コラム
スポンサーリンク

こんにちは、しゅんくり~む(すんく)です。
今回はランクバトルの適切なHP調整について解説したいと思います!

 

HP調整とは?

ポケモンの能力値は「努力値(基礎ポイント)」によって調整することができ、ランクバトルで使われるポケモンの多くは、実数値(ポケモンの各能力の能力値)1単位で調整されています。
努力値調整については以前の記事で紹介しているので、努力値調整や実数値について詳しく知りたい方はそちらを参照してください。

努力値調整・耐久調整の効率的なやり方【剣盾ランクバトル】
努力値調整・耐久調整の手順を分かりやすく解説してみました! ランクバトルに潜る上で欠かせない努力値調整のやり方だけでなく、調整する上で必要になる実数値の計算式なども紹介しています。

今回はその努力値調整のうち、HP調整の「16n-1調整」に注目して解説していきます!

 

16n-1調整

「16n-1調整」とは文字通りHP実数値を16の倍数-1にする調整で、175、191、207などがよく見られる16n-1調整を施したHP実数値です。

ここでまず浮かんでくる疑問が、「なぜHPを16の倍数-1に調整する必要があるのか?」ということですが、これには砂嵐やあられ・火傷などの定数ダメージが関係しています。定数ダメージというのは、「最大HPの?分の1のダメージを与える」といった類の効果で、一部例を挙げると以下のようになります。

効果
すなあらし いわ・じめん・はがねタイプ以外は
毎ターン最大HPの1/16のダメージ
あられ こおりタイプ以外は
毎ターン最大HPの1/16のダメージ
やけど 毎ターン最大HPの1/16のダメージ
どく 毎ターン最大HPの1/8のダメージ
もうどく nターン目に最大HPのn/16のダメージ
宿り木のタネ 毎ターン最大HPの1/8のダメージ
ステルスロック 繰り出し時に最大HPの1/8のダメージ
岩タイプの相性に準じて倍率が変わる

「16n-1調整」は、上記の効果に見られる「最大HPの1/?のダメージ」という計算が少数点以下切り捨てで行われていることが原因で発生しています。

例を挙げてみましょう。
HP実数値が192 (16n) のトゲキッスと191 (16n-1) のトゲキッスがいたとします。

HP努力値 HP実数値
トゲキッス191トゲキッス 244 191
トゲキッス192トゲキッス 252 192

この2匹のポケモンへの砂嵐のダメージを計算してみます。

192 ÷ 16 = 12.0000
191 ÷ 16 = 11.9375

このように、HPが1違うだけで毎ターン受ける定数ダメージも1変わってしまいます。砂嵐や火傷など定数ダメージは基本的に断続的に食らうので、何ターンも連続して食らうとこの1の差も積み重なって大きくなっていきます。

砂嵐Dm 0ターン 1ターン 2ターン
191トゲキッス 11 191 180 169
192トゲキッス 12 192 180 168

3ターン後にはなんと、元々のHPが高い192トゲキッスよりも、HPが低かった191トゲキッスの方がHP残量が多くなってしまいます!
つまり16n-1調整とは、定数ダメージを減らしてHPを高く保つための効率の良い調整と言えますね。

 

16n-1調整の使いどころ

16n-1調整は効率の良い調整なのですが、全てのポケモンに16n-1調整を施さなければならないわけではありません。間違ったHP調整をしてしまうと、効率が良いどころか努力値を無駄にしてしまうこともあります。
ということで、少し例を挙げながら適切な16n-1調整について解説していこうと思います!

 

間違った16n-1調整

ASベースのドラパルトを使って間違った調整例について見ていきます。

ドラパルト HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
実数値 163 172 96 120 95 213
努力値 252 4 252

ドラパルトはHPに努力値を振らない場合、HP実数値は163(16n-13)となり、16n-1からは程遠い数値になります。このポケモンのHPを16n-1にしようとすると、攻撃や素早さを削ってHPに努力値を回す必要がありますね。

ドラパルト HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
実数値 175 161 95 120 95 213
努力値 92 164 252

攻撃を削ってHPに努力値92を振ることで、HP実数値を16n-1に調整することができたのですが、実はこれは適切な16n-1調整ではありません。

2つの調整の砂ダメージを比較してみましょう。

163 ÷ 16 = 10.1875
175 ÷ 16 = 10.9375

このように、16n-1調整の有無に関わず毎ターン受ける定数ダメージに変化はありません。
そのため先ほどとは違い、定数ダメージが何ターン積み重なったとしても2つの調整のHP差は12のままなのです!

砂嵐Dm 0ターン 1ターン 2ターン
163ドラパルト 10 163 153 143
175ドラパルト 10 175 165 155

つまり今回の調整によって得られた結果は、HPが12増えた分少し耐久値が上がったというだけなのです。

もちろん、HPが12増えることで、何らかの攻撃を耐えるようになったのなら有用な調整と言えますが、今回の調整は耐えたい攻撃の目安も立てずにただ悪戯にHPを上げたにすぎません。
実際、ミミッキュのじゃれつくについては、56.2%の乱数一発から25%の乱数一発と乱数はズレたものの引き続き不安定な確率で、相手のミミッキュが命の珠を持っている場合に至ってはHPに92振るかどうかに関わらず確定一発のままです。

さらに、HPに努力値を回した結果ドラパルトの攻撃力は下がってしまい、倒せる範囲は狭くなってしまいました。
ということで今回のドラパルトの調整は、多くの場合「間違った調整」と言えるのでしょう。

 

なぜ「間違った調整」なのか?

では、なぜ同じHPを16n-1にする作業でもトゲキッスの場合と違い「間違った調整」になってしまったのでしょうか?
それは、今回はHPを増やすことで16n-1に調整してしまっているためです。

前述の計算式からもわかる通り、

163(16n-13)→ 175(16n-1)

のようにHPを増やして調整したとしても、砂嵐などの定数ダメージに変化はありません。
対してトゲキッスの場合は、

192(16n)→ 191(16n-1)

のようにHPを減らして調整することで、対数ダメージを減らすことに成功しています。

つまり適切な16n-1調整は、HPを増やして行うのではなく、HPを減らして行う必要があるということになりますね。

 

適切な16n-1調整の例

次は、ドラパルトを使って適切な16n-1調整の例について見て行きたいと思います。

先ほど「適切な16n-1調整はHPを減らして行う必要がある」と言いましたが、HPを減らすためにはまずHPに努力値が振られていなければなりません。
つまり16n-1調整を行う時は、何らかの耐えたい攻撃があり、それを耐えるためにHPに努力値を振っている必要があるのです。

ということで、ドラパルトに臆病トゲキッスのマジカルシャイン耐え調整を施す場合を例に挙げて見て行こうと思います。

トゲキッスのマジカルシャインを最高乱数以外耐えるまでHPに努力値を振ったドラパルトは以下のようになります。

ドラパルト HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
実数値 193 164 95 120 95 162
努力値 236

しかしこれではHP実数値が16n+1になってしまっているため、HPを2下げて16n-1に調整し、その分あまった努力値で特防を2上げてみます。

ドラパルト HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
実数値 191 164 95 120 97 162
努力値 220 12

すると、トゲキッスのマジカルシャインを最高乱数以外耐えする耐久を維持しつつ、HP実数値を16n-1にすることで定数ダメージを減らすことができました!

 

まとめ

これを踏まえて、「適切な16n-1調整の条件」についてまとめると、以下のようになります。

①耐久を上げて何かの攻撃を耐えたい時に
②HPを上げすぎず16n-1で止めて
③その分の努力値を防御や特防に回すことで
④目標の耐久値を維持したまま
⑤定数ダメージを減らす

④の「目標の耐久値」とは、先ほどの例だとトゲキッスのマジカルシャイン最高乱数以外耐えに当たります。
特に、①を無視してむやみやたらにHPを上げて16n-1調整をしてしまう人をよく見かけるので、しっかり条件を確認して適切な16n-1調整を行うようにしましょう!

 

その他のHP調整

今回は16n-1調整を中心に解説してきましたが、その他にもHP実数値を何かの倍数を基準として調節する調整が多くあるので、今回はその内のいくつかを紹介したいと思います。16n-1調整と同じく使いどころが限られている調整も多いので、適切な調整なのかをしっかり見極めてから使うようにしましょう。

 

2n-1調整(奇数調整)

リザードン

HPを奇数にする調整です。
あまり耐久に努力値を割かないASやCSのポケモンでも、無振りでHP実数値が偶数のポケモンはHPに努力値4を振ることで、HP実数値が奇数のポケモンは防御や特防に努力値4を振ることで調整ができます。

この調整には色々な利点があるのですが、一番の利点は弱点技を耐えやすくなることでしょうか。ダメージ計算の仕様上、弱点技のダメージは必ず偶数になるので、HP実数値を奇数にしておくとHPを1残して耐える確率が上がります。

また、岩が4倍弱点のポケモンへのステルスロックのダメージや、飛び膝蹴りを外した時のダメージ、呪いダメージなど最大HPの1/2のダメージを受ける定数ダメージを2回食らってもHPが1残るという利点もあります。

 

8n-1調整

ナットレイ

HPを8の倍数-1にする調整です。
16n-1調整は8n-1調整も兼ねているのですが、ここでは16n-9(8n-1だが16n-1ではない)調整について解説していきます。

最大HPの1/16のダメージを受ける砂嵐や火傷などに対しては効力が薄いのですが、毒ダメージや宿り木のタネダメージなど、最大HPの1/8のダメージを受ける定数ダメージに対して効率が良い調整になっています。

16n-1調整よりも効率が劣るのですが、16n-1までHPを上げるための努力値が足りない場合などは、8n-1で妥協すると良いでしょう。

 

10n-1調整

ミミッキュ

HPを10の倍数-1にする調整です。
命の珠を持ったポケモンに使われます。

命の珠を持ったポケモンは攻撃するたびに最大HPの1/10の定数ダメージを受けるので、HPを10n-1にしておくとHPあたりの命の珠ダメージが小さくなります。

しかし、この調整も16n-1調整と同様にむやみやたらに施して良い調整ではありません。命の珠を持たせたポケモンに耐久調整を施したい時に、HPを減らして使用しましょう。

 

16n+1調整

カビゴン

HPを16の倍数+1にする調整です。
16n-1調整とは反対に、定数ダメージが大きくなる調整になっています。

定数ダメージは大きくなってしまうのですが、その代わりに食べ残し等の回復量も大きくなります。
食べ残しや黒いヘドロは、毎ターン最大HPの1/16を回復する効果があるため、それらのアイテムを持ったポケモンは16n+1調整を施されることが多いですね。

 

総括

紹介した以外にも様々なHP調整がありますが、今回はあくまでも「適切なHP調整の紹介」ということで、その他の調整の紹介はここまでにしたいと思います。

努力値調整もそうですが、HP調整は余裕があれば施せば良い程度に考えておいて問題はありません。理解が不十分なまま無暗に施したり、努力値を無駄に使ってしまったりすることが無いようにしましょう。

ということで今回は以上です。

今回は、記事形式で文字に起こしてみましたが、簡易的に紹介した動画もありますので、よろしければそちらも参考にしてみてください。

ということで、最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました